博士・修士論文

過程 タイトル 著者名 執筆年
修士 住宅の木質化によるネパールの環境改善の可能性 園田 慎吾 2019
修士 東京都における国産材利用促進による経済波及効果 森井 拓哉 2019
修士 国産材製材工場の国際競争力に関する研究
  -フィンランドとの比較分析-
待鳥 匠 2018
修士 木材の移出入取引による地域経済への影響評価 渡邊 哲 2016
修士 中国における木質フローリング産業の環境評価 金 洪民 2016
博士 竹材の低温から炭化に至る熱処理による水分吸着機構と構造の変化 大前 芳美 2015
修士 木材のマテリアルおよびエネルギー利用における温室効果ガス排出量の評価 一宮 孝至 2015
修士 熱可塑性樹脂シート積層法による木質ボード製造技術の提案 
~メラルーカ材および樹皮ボード~
林 隆三 2013
修士 木質シートによる集成材フィンガージョイントの補強 川原 康朋 2010
修士 圧密木質釘を用いた木製パレットの開発 横井 真美 2010
修士 木材の横圧縮の変形挙動の解析 太田 雅裕 2009
修士 可撓性に優れた木質積層材料の設計と応用 栗林 朋子 2009
修士 持続可能なバイオ燃料の生産と利用に関する検討 白井 瑛里子 2009
修士 木質ジベル接合の提案 竹平 勝博 2008

学士論文

タイトル 著者名 執筆年
ESG課題と木材産業
-非財務情報から見た企業戦略の動向分析-
新井 朝美 2019
木材輸出による経済波及効果の推計 海野 塁 2019
非住宅建築における木材利用の現状と将来展望 丸野 悠我 2019
日本企業による海外産業植林事業の役割に関する研究
 ー木材自給力への貢献と企業の調達戦略ー
畦倉 瑛 2018
割り箸と樹脂箸の環境・経済評価 中村 祐介 2017
木材自給率向上による経済波及効果
~木造軸組住宅部材の国産材使用率増加による効果について~
河村 奏瑛 2015
産業連関法による非住宅建築の経済効果/環境影響の評価 渡邊 哲 2014
木造および鉄筋コンクリート造建築におけるGHG排出量の比較 一宮 孝至 2013
LCAによる木製水槽の環境負荷の検討 石原 旨法 2012
木製パレットの環境性能~LCCO2による定量評価~ 林 隆三 2011
木材の部分横圧縮加工を利用した接合法の開発 大野 洋平 2010
バイオ燃料の導入推進に向けた検討 北村 健 2009
各種処理条件における圧密竹の物理的特性の変化 川原 康朋 2008
木質ボルトの性能と評価 竹平 勝博 2006