スタッフ紹介

名前 略歴・研究テーマ
Professor
Masafumi INOUE
教授
井上 雅文
学歴: 京都大学農学研究科博士課程林産工学専攻修了
学位: 博士(農学):「木材の横圧縮大変形の永久固定」
専門: 木材加工学、木質材料学、環境材料設計学、木材利用システム学
職歴:
1992年 日本学術振興会特別研究員(京都大学木材研究所)
1994年 京都大学助手(木質科学研究所)
2004年 京都大学助手(生存圏研究所)
2005年 東京大学助教授(アジア生物資源環境研究センター)
2006年 東京大学准教授(アジア生物資源環境研究センター)
2006年 東京大学農学生命科学研究科(生物材料科学専攻)兼担 *
2016年 東京大学教授(アジア生物資源環境研究センター)*
2016年 木材利用システム学寄付研究部門特任教授(兼務)*  * 現在に至る
(その他の職歴)  
2006年 内閣府本府上席政策調査員(総合科学技術会議)
2011年 文部科学省科学技術政策研究所客員研究官
2011年 科学技術振興機構特任研究員(低炭素社会戦略センター)
主な研究テーマ:
・ 木材、木質材料の製造、二次加工、流通、利用に関する原理と加工技術
・ 木材製品、木造建築、家具等の地球環境貢献、経済効果、マーケティング、政策
・ 木材、バイオマス利活用の持続可能性、認証、木材環境教育、人材育成 ほか
Project Professor
Mario TONOSAKI
特任教授
外崎 真理雄
学歴: 東京大学大学院農学系研究科林産学専攻博士課程修了
学位: 博士(農学):「木材の振動的性質と楽器響板としての板の振動特性に関する研究」
専門: 木材物理学、木材利用システム学
職歴:
1985年 国際協力事業団「マレイシア林産研究計画」派遣専門家
1988年 林業試験場木材部材料科物理研究室研究員
1991年 森林総合研究所木材利用部主任研究官
1995年 農林水産技術会議事務局研究調査官(併任)
1997年 森林総合研究所木材利用部木材特性科物性研究室長
2006年 森林総合研究所木材特性研究領域長
2012年 森林総合研究所四国支所長
2016年 森林総合研究所研究専門員
2016年 東京大学木材利用システム学寄付研究部門特任教授*  * 現在に至る
主な研究テーマ:
・ 木材の振動・音響的性質に関する研究
・ 木材利用の環境影響評価(伐採木材製品HWPの炭素貯蔵効果など)
Adjunct Associate Professor
Satoshi TACHIBANA
委嘱准教授
立花 敏
学歴:東京大学大学院農学生命科学研究科(森林科学専攻)博士課程修了
学位:博士(農学):「日本の針葉樹材需給構造に関する計量経済学的研究」
専門:林政学、林業経済学、森林資源経済学、木材利用システム学
職歴:
1994年 日本学術振興会特別研究員(東京大学 大学院農学系研究科)
1996年 東京大学農学特定研究員(大学院農学生命科学研究科)
1996年 東京大学文部教官助手(大学院農学生命科学研究科)
2001年 財団法人地球環境戦略研究機関主任研究員(森林保全プロジェクト)
2002年 独立行政法人森林総合研究所主任研究官(林業経営・政策研究領域)
2007年 独立行政法人森林総合研究所北海道支所チーム長(択伐施業担当)
2008年       同           チーム長(北方林経営担当)
2010年 筑波大学准教授(大学院生命環境科学研究科)
2012年 筑波大学准教授(生命環境系)*
2013年 東京大学委嘱准教授(アジア生物資源環境研究センター)* * 現在に至る
主な研究テーマ:
・ 日本林業・林産業の国際林産物貿易における位置づけと生産性改善に関する研究
・ 木材需給・貿易モデルの構築とシミュレーション分析
・ 消費者の住宅取得に関わる選択プロセスの解明
・ ニュージーランドの土地利用における林野利用の持続性に関する研究
・ 島嶼国における人と森との長期的関係に関する比較研究 ほか
Adjunct Associate Professor
Hirofumi KUBOYAMA
委嘱准教授
久保山 裕史 
学歴: 東京大学大学院農学系研究科林学専攻修了
学位: 博士(農学):「林業経営におけるリスクに関する研究」
専門: 林業経済学、森林科学、エネルギー学、木材利用システム学
職歴:
1992年 農林水産省林野庁森林総合研究所林業経営部研究員
1998年   〃 東北支所経営部研究員
2003年 独)森林総合研究所林業経営・政策研究領域主任研究員
2011年 内閣府政策統括官付参事官付行政実務研修員
2012年 独)森林総合研究所林業経営・政策研究領域林業システム研究室長* 
* 現在に至る
主な研究テーマ:
・ 林業経営の経済性分析、林業の成長産業化
・ 木材産業の内外動向分析(日本、オーストリア、米国等)、原木の需給調整
・ 木質バイオマスエネルギー利用の拡大、国産材利用の拡大 ほか
Project Assistant Professor
Kenji NAGASAKA
特任助教
長坂 健司
学歴: ゲッティンゲン大学森林科学・生態学部博士課程修了
学位: Doctor of Forest Sciences「Roles of Forest Science in Practice」
専門: 木材利用システム学、森林政策学
職歴:
2016年 同志社大学商学部助教(有期)
2017年 木材利用システム学寄付研究部門特任助教
業績: Google scholar citations
主な研究テーマ:
・ 木造住宅の海外マーケティング戦略
・ 木材利用の拡大に伴う経済波及効果の分析
・ 木材製品の流通構造分析
・ 森林政策過程の研究(日本及びスウェーデン)
特任研究員
Tateki HATA
幡 建樹
学歴: 京都大学大学院農学研究科林学専攻博士後期課程単位取得退学
学位: 修士(農学)
専門: 林業経済学、林政学、木材利用システム学
資格: 技術士〔森林部門(林業)〕
職歴:
2001年 World Forest Institute International Fellow
2002年 橋本電気株式会社
2006年 株式会社スペースビジョン研究所 研究主査
2014年 有限会社ラック コンサルティング事業部長
2017年 木材利用システム学寄付研究部門 特任研究員
主な研究テーマ:
・ 木材の加工流通、マーケティング
・ 森林・林業政策 ほか
特任研究員
Rikiya KONISHI
小西 力哉
略歴:
2000年4月より林野庁に勤務。その間、外務省在コタキナバル日本総領事館、国連食糧農業機関林業局、環境省自然環境局に出向。2017年4月より特任研究員として所属。
主な研究テーマ:
木材の利用は、快適で健康的な住環境等の形成等に寄与するのみならず、地球温暖化の防止、森林の多面的機能の持続的な発揮や地域経済の活性化にも貢献します。我が国の木材利用促進政策がより効果的に機能するには、どのような効果発現メカニズムとなっているか、また、建築業等企業や消費者の木材利用の認知や行動がどのようになっていて、どう変化すれば木材利用が促進されるか、国内・海外の事例を踏まえ定量的に解明していきたいと考えています。
特任研究員
Tomio TAKAHASHI
高橋 富雄
略歴:
凸版印刷株式会社の建材印刷部門で建材印刷及び建材・住宅部材などの開発に従事。この間、東京工業大学(機械)研究生、東京大学(木質材料)研究員。90年半ばから、建材からの室内空気室問題に取り組み、シックハウス、VOC関連の活動に従事。
業務の傍ら、1989年より欧州の木工・機械関連の調査研究を始め、調査を継続している。2010年定年退社後、2011年より特任研究員として従事。内装材への杉材利用開発、ウッドプラスチック企業の工場建設にも係わる。
2002 年 木材加工技術賞
2006 年 木質構造研究会大熊幹章賞
主な研究テーマ:
・木材製品の二次加工と建材業界マッピング
・建材、家具などの化粧・二次加工
特任研究員
Masahiro OSUMI
大住 政寛
略歴:
大学を卒業後、環境プラントメーカーでの企画・営業職を経てLCAコンサルティングに従事。企業活動におけるLCAの推進、LCAソフトウェアの販売を行っています。
主な研究テーマ:
木材は環境にやさしい素材と認識されていますが、環境負荷を定量的に把握している方々は少ないのではないでしょうか。研究室では木製品のライフサイクル分析を行い、様々な視点から木製品の持続可能性を定量的に評価していきたいと考えています。
共同研究員
Norichika ANDO
安藤 範親
略歴:
2010年4月より㈱農林中金総合研究所に勤務。農林漁業の産業調査に従事。
2016年10月より共同研究員として所属。
主な研究テーマ:
世界の林産物需給動向など海外市場の調査や木材利用に関する政策評価などから木材利用拡大に向けた方策を考えます。
共同研究員
Keisuke NOTSUMATA
野ツ俣 恵介
略歴
2000年4月より建材メーカーの大建工業㈱に勤務。
2016年10月より共同研究員として所属。
主な研究テーマ:
少子化が続く我が国では、木造住宅の着工は今後減少することが予想されており、新たな木材の需要開拓が必要です。一方で、内装仕上材として適所に木材を使うことで児童の心理・情緒・健康面で良い教育環境づくりができる、と文部科学省が見解を示すなど、木の持つ様々な魅力が再認識されてきました。そこで私は、木材の質的価値の向上につながる【見える部分に使われる木質建材】に焦点を当て研究しています。
・木質フローリングのシェアと今後の国産材の可能性
・学校施設での内装木質化 等
技術補佐員
Eiko INOUE
井上 英子
自己紹介:
先生方をはじめ優しい研究室メンバーのフォローのおかげで、とても楽しくお仕事をしています。
お仕事中に、周りから聞こえてくる研究のお話にこっそり耳を傾けたり、資料整理の際にさらっと目を通したりしているので、ほんのちょっぴり「門前の小僧」状態です。
お休みの日は大体スポーツクラブに行き、体を動かしています。

 

学生紹介

名前 自己紹介・研究テーマ
博士3年
Takao KAWASAKI
川崎 貴夫
自己紹介:
IT産業に従事しながら材木屋として、情報をもっとうまく活用することで、林業・木材産業の課題解決ができないか研究をしています。
 川崎商店 代表取締役社長
 東京原木協同組合 理事
 https://www.facebook.com/takao.kawasaki
研究テーマ:
国産材の安定供給を目指した流通システムの構築
~サプライチェーンにおけるIT活用の可能性~
日本の農林水産業は、労働生産性が他業界に比べると低く、情報化(ITの基盤整備と利活用)が進んでいない産業分野と考えられる。伝統的な木材流通機能は業者間の密接に組織化された隙のないネットワークから成り立ち、これまでも一定の役割を果たしてきたが、木材需要の 縮小や木材利用の形態変化などに十分適応することができてきたとは言えない。
今後、零細な事業者が多い木材業の生き残りを考えると産地情報の見える化、 森林認証など様々なニーズに対応した最新の情報基盤を利活用し、効率化された「持続可能な森林管理のメカニズム」としてビジネスモデルを進化させること が必要である。
また国産材の自給率を高めるために、合法木材の流通促進、中長期需要予測に基づく生産・供給量の調整が可能な情報基盤が求められていくとも 想定される。そのため、既往のIT活用の実態を把握することで現段階での問題点を抽出し、事業者が抱えている課題とソリューションの分類の因果関係を分析 することによって、どのようにITを利活用すれば木材産業のスムーズな近代化が図られるのか、その可能性について探る。
博士1年
qin TAN
譚 沁
自己紹介:
一日に二時間の通学での電車の中で一眠りをしないように、毎日戦っている一人の中国留学生です。
研究テーマ:
近年、中国の環境問題は一層深刻化しつつあり、中国人の環境意識も以前より高くなりました。中国の環境問題と木材利用との結び付き、中国人の木材利用に関する意識調査を行います。また、中国企業のCSRレポートにより、中国企業が持つ環境意識の変遷を把握します。木材利用による経済波及効果、及びCO2排出削減効果の評価を行います。
修士2年
Takumi MACHITORI
待鳥 匠

自己紹介:
ランニングが趣味ですが、走るよりも食べる量が多すぎて全く痩せません。

研究テーマ:
・フィンランド及び国内製材工場の競争力分析
修士2年
Soei KAWAMURA
河村 奏瑛 
自己紹介:
料理(おいしく食べる)男子です。
作る側ではなく、食べる側として存在感を出していきたい。
趣味に明け暮れ、怠惰に過ごした大学生活も終わりを告げそうで、寂しさ半分、やりがい半分な感じです。
研究テーマ:
木材自給率の向上による諸効果
木材自給率の向上という「良いこと」に対して、それがどういった点で、どれぐらい「良い」のか、経済波及効果、環境負荷、社会影響といった複数の視座から定量的に評価・分析し、国産材利用拡大に資する方策を考えていきたい。
修士1年
Takuya MORII
森井 拓哉
自己紹介:
2017年度からM1としてやってきました。
部屋の「模様替え」でサンダーの火花が散る様子を見て、楽しい修士生活になりそうだなと思いました。しっかり頑張っていきたいです。
研究テーマ:
・ 駅舎の木造リニューアルによる経済波及効果の研究
・ 経済効果に留まらない建築の波及効果の定量化
学部4年
Akira AZEKURA
畦倉 瑛
自己紹介:
東京出身で、サークルでは演劇をやっています。
木造建築の分野から、環境性能のトピックを端緒に地球環境への興味を抱きこちらに分属され、現在は木材市場の現状分析に取り組んでいます。
研究テーマ:
・ 木材利用をとりまく消費と経済の状況の現状分析
・ 卒業論文執筆に向け、絞り込み中